高校受験の対策

高校受験の対策

高校受験対策の方法

 家庭教師が行う高校受験の対策は、各都道府県の入試の仕組みを分析し、合格まで導けるように効率の良いカリキュラムが準備されています。もちろん、私立各校の対策も万全で、出題傾向の分析も行っています。生徒の現状を把握した上で、志望校に合格するために重要となる学習を指導に組み込みます。それに、学習方法が定着しているかどうかを確認するために模擬試験なども定期的に行います。内申点を上げるための定期テストと合わせて、他の志望校の進路相談や入試本番を見据えた模擬面接などで、あらゆる視点からアプローチを行います。

 近年の高校受験の傾向として、「面接」に重点を置く学校が結構増えています。それは、生徒自身が持っている能力を見つけ出すことを目的としているので、学力以外の部分も見るためです。しかし、ほとんどの生徒は面接をした経験はないでしょう。そのため、面接といった慣れない場面でも持てる力を発揮できるように、家庭教師が模擬面接を行います。慣れない場面で面接担当の先生と話すことは、経験がないであろう生徒にとっては、とても緊張してしまうことです。そうならないためにも、緊張せずに自分の考えや思っていることをきちんと話すことが出来るよう、家庭教師と面接の練習を行うのです。挨拶の方法や着席の方法など基本的な動作から入り、好感が持てるトークの仕方や面接に必要なテクニックなど、反復して模擬面接を行うのも家庭教師ならではの対策です。

中学生に行う家庭教師の学習方法

 家庭教師が行う中学生に行う指導方法をご紹介したいと思います。まず、高校受験のキーとなる内申点を、学校成績の確保を目的とした学習方法で進めていきます。それに加え、テストでは足に引っ張る苦手科目を集中的に学習し、苦手意識の原因を分析・解明することにより生徒に合わせた学習内容で得意科目に変えられるように取り組みます。中学の授業の中で重要となる英語や数学の科目については、これを克服することで高校受験の基盤を作り上げるように取り組みます。

中学1、2年の勉強を基礎に、中学3年の学習内容は成り立っています。そのため、学習内容の基本をマスターすることを目的として、問題に対応できる応用力を作り上げます。またフォローアップとして、進学塾に通っている生徒で授業についていくのが難しいという子に対してバックアップを行います。学習塾の内容に沿った指導を家庭教師では行っているのです。さらに科目別の具体的な指導方法について、ご紹介していきたいと思います。

Copyright (C) 2008 必見!中学生の受験対策. All Rights Reserved.