定期テストの対策

定期テストの対策

定期テスト対策の学習方法

 中学生への指導のポイントとして、勉強と習い事の両立、それに部活や委員会活動などの学校での取り組みを両立させることが必要となります。限られた時間を有効に使うためには、まず学習方法から入る方がいいでしょう。家庭教師が休みの日でも、自主的に勉強に取り組めるようになることが、成績を伸ばすためには欠かせないことだからです。家庭教師も、次の授業に行う学習計画を生徒に残しますので、習慣がない生徒でも安心して勉強に取り組むことができるでしょう。教科書を中心とした指導となりますので、中間テストや期末テストなどの対策も万全です。

 公立高校の入試で占める割合というのは、内申書がかなり大きいといえます。内申書の数値によっては、受験できたり出来なかったりと高校が決まってしまうといえます。普段の定期テストからすでに受験は始まっていると考えなければなりません。その成果を上げるためにも、家庭教師では「定期テスト対策」などの指導を行っているのです。

もちろん、通常に行う科目強化の指導と、それ以外の科目対策も行います。普段は復習と変わらない内容の授業を受けている場合でも、この学習方法によって定期テストへの対応を図ります。そういった学習プランは、生徒に合わせた回数が選べる仕組みとなっているので、現在のの学習方法とと照らし合わせた上で、回数を選ぶといった流れになるでしょう。内容についても、担当家庭教師などと相談した上で決めることになります。定期テストの他にも、実力テストや英検、学力診断テストや漢検などの学習プランも揃っているので、効率よく活用しましょう。

Copyright (C) 2008 必見!中学生の受験対策. All Rights Reserved.